読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

躓いても歩いてこう(旧:よくわからんが前向きに)

胸を張って生きよう。(旧⇨日々の事をつれづれに。。禁欲(エロ、オナ禁)したらどうなるの?)

オナ禁72日目:性欲を知識欲へ。

オナ禁日記

オナ禁72日目

 

今日でオナ禁72日目。

最近は文章を書くのが面白い時期の様で、

ブログの更新が楽しみになってまいりました。

 

もともと人に見てもらうつもりは無いチラシの裏の様なブログのつもりでしたが、

禁欲(エロ禁、オナ禁)の話題は男性諸君みなさん気になる話題の様でw

意外と多い数のアクセスをいただいてます。汗

 

うれしいような恥ずかしいようなw

禁欲生活を続けている方、ぜひコメントなどいただけると嬉しいです。

 

さて、最近は性欲を抑える事については問題は無い状況なのですが、

抑えた分だけ”何か”へ発散しなくてはいけないと常々考えています。

 

スピリチュアルな方面では”精を気に昇華する”という事などいろいろと

続けてはいるのですが、

実質的な事として以前から”読書”を続けています。

 

最近は禁欲のお蔭で集中力がかなり高い為、一日に1冊ペースで読むことができています。

しかし、巷で流行りの?速読などについては懐疑的というか反対派ですので、

出来るだけ熟読。

気になる点はメモを残すというスタイルで読書に取り組んでいます。

(速読にも意味はあると思いますが、自分には必要ないという事です。汗)

 

 

昨日は明治大学教授の齊藤孝さん著「語彙力こそが教養である」という書籍を

拝読したのですが、その中の一節がとても良い事を書いていたので

ご紹介したいと思います。

 

齊藤氏は以下の様な提言をされています。

 

これからの「モテ」の指針を考えよう。

世の男性のモテ基準は「イケメン」が最重要条件。

私はここに異を唱えたい。

 

「語彙・教養」がモテの指標になるべきだ。

それが次世代の社会を作っていく。

「イケメン」という指標だけで男性を選ぶという事は、

遺伝子ですべてが決まってしまうということ。

 

もし、「語彙・教養」のある男性がモテる社会になれば

男性は必死で語彙力、教養を上げる努力を始める。

すると、世の中の知的水準が上がり、社会全体が豊かになっていく。

 

 

私の要約でご勘弁を。。

(ちなみに上記以外は語彙を増やす為のノウハウというか、

気構えについて、とても分り易く書かれている本です。

気になる方は書店、アマゾン等でチェックしてみてください。(面倒くさいのでアフィリません。w))

 

オナ禁をする方の多くは”女性にモテる為に始める”方が大半だと思います。

自分も女性にあまり興味が無くなったとは言っていますが、

もちろんモテるならモテたいです。w

そして、禁欲をする事によって顔つきや態度が変わり、モテるのは確かです。

 

しかし、せっかく禁欲をするのであれば見た目の変化等ではなく、

知識教養など内面の変化・成長を目指すべきなのでは?と私は思っています。

 

見た目だけがすべてじゃないぜ。だけどモテたいぜ。

でも見た目だけじゃなく内面を磨こうぜ。

という感じですかねw

 

そんな考えの自分には上記の齊藤氏の提言は

未婚率が高くなり少子高齢化が進む今の時代には、とても大事なことなのではないか?

と思いました。

女性の皆さん、見た目だけがすべてじゃないっすよw

 

なんだか書籍紹介となってしまいましたが、

また面白い本があったら自分の備忘録的に残したいと思います。

 

 

今日も精進。